ズボラ式・手間なし拭き掃除

f0322969_21282826.jpg
 家事の手間を削減する方法を考えるのは、私の最高の趣味の一つです。私だけでなく、夫も同じで、2人して家事の手間をいかに省くかということを日夜考え続けています。

 さて、そんなわれわれが、一番嫌いな家事が「雑巾がけ」です。雑巾をかけずに生きていけるのならどんなに幸せだろう、と私は思っています。が、床にはときどき猫が吐いたものが落ちていたり、食べ物がこぼれていたり、土ぼこりも入ってくるし、やっぱり拭き掃除ってやらなくてはならないことなんですよね。

 真っ先にやったのが、お茶がら掃除です。お茶がらを床にまいてほうきで掃くだけという簡単さが受けて、うちではときどきやります。ときどき、というのが情けないですが。

 でも、お茶がら掃除は床がメイン。テレビの後ろ側や窓の桟などは拭けません。また、知らないうちにこびりついた汚れは雑巾でこすらないとダメ。やっぱり嫌いな雑巾がけもしなくちゃならないときがあるんです。

 そもそも私がなぜ雑巾がけがイヤなのかというと、1枚の雑巾で掃除をすると「バケツで何度も洗わなくてはならない」という手間が嫌いだからです。子どもの頃、冬の寒い時期に、冷たいバケツの水で雑巾を何度も洗いながら拭き掃除をしたときの切なさ。お湯でやったとしても徐々に冷めていくし、子どものころは本当にイヤでした。

★まとめて洗濯「大量雑巾バラマキ作戦」

 そんな私が考案した手間削減方法は、大量雑巾バラマキ作戦です!

 うちには雑巾が40枚くらいあります。古いタオルやTシャツなど、捨てずに全部雑巾にしましたから、けっこうな枚数があるのです。

 ある日、うちにあるすべての雑巾を水でぬらし、洗濯機で脱水して家中にばら撒きました。床だけでなく、机の上、テレビの上にもポイッとのせて、家中の拭き掃除を始めたのですが、これがもう大正解! 1枚の雑巾でまず拭けるだけ拭いて、汚れたら別の新しい雑巾を使えばいいのです。掃除の最中、いちいちバケツで洗わなくてすむので掃除の効率がアップしました。

 拭き掃除が終わったら、汚れた雑巾をすべてまとめて洗濯機で一気に洗います。1~2枚の雑巾を洗濯機で洗うのはもったいないですが、30~40枚の雑巾ならそんなこともありません。洗濯機で洗ってすすぐと雑巾は真っ白になるし、脱水機を使うと手で絞るより断然早く乾いて、いやな臭いもしません。

 今、私は二槽式洗濯機を使っているので、衣類を洗った後の石けん液を残しておいて、それで雑巾を洗っています。二槽式洗濯機だと、こういう分け洗いも簡単にできるので便利ですね。

 全自動洗濯機の方なら、雑巾洗いだけで新しい洗濯液、すすぎの水がかかります。これは少ない枚数ではもったいないでしょうが、大量の雑巾なら気兼ねなくできると思います。

 大量雑巾バラマキ作戦は、大掃除のときなど、家中をきっちりにきれいにしたいときに特にお勧めです。洗う手間が省けるってこんなにもストレスがないのか、とびっくりすると思います。

2010年06月10日

[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-06-13 00:27 | 掃除関連


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧