カテゴリ:アルカリ剤・セスキなど( 4 )

節電スカーフのニオイ対策

うちの電気料金はこの夏、昨年の同時期と比べて40~50%減になっています。すごい節電だと驚かれるでしょうが、いえ、去年までの冷房の使用時間が長すぎて、普通の家庭と同じ程度にしようとしたら「半減」になったというだけの話です。お恥ずかしい……。

 しかし、故郷・北海道の涼しくて乾燥した夏に順応している夫が、今年の猛暑を本州人や九州人と同じレベルで耐えているのは、特筆に値します。冷房なしでは生きていけないとまで言っていたあの夫がどうやって耐えているのかというと、6月16日の記事でもご紹介した、首に巻くひんやりグッズなどのおかげです。

 特殊高分子ポリマー(吸水樹脂)が入った細長いスカーフで、ぬらすと水を含んでふくらみます。水分がゆっくり蒸発するときに周りの熱を奪うので、ひんやりする時間が長く続く、というものです。

 これは確かに優れもの。このスカーフを首に巻いておくとひんやりして、本当に冷房要らずです! あの冷房大好き人間の夫が冷房をつけずに寝ることができたなんて、結婚以来、初めての快挙でした。

 しかし、好事魔多し、長時間ぬれたものを首にまいていると……。そう、あの嫌な生乾きの臭いがしてくるのです! ぬれていて、体温くらいの温度で、汗や皮脂もくっつくわけですから、雑菌が繁殖するのにすごくいい環境です! もしかしたらこの臭いでスカーフの使用を諦めた人もいるかもしれません。せっかくのひんやりグッズがもったいない……。というわけで、うちではこの臭いを酸素(さんそ)系漂白剤で解消しました。
f0322969_10525177.jpg

★酸素系漂白剤でつけこみ除菌

 粉末の酸素系漂白剤を水に溶かし、ひんやりスカーフをつけこみます。私は1時間以上置きました。酸素系漂白剤は塩素系と違って効果が穏やかなのですが、ゆっくり時間をかければ、布地を傷めずに除菌してくれます。布地を傷めないということは、中に入っている高分子ポリマーも傷めないだろうと考えたのです。

 この高分子ポリマーは、おそらくポリアクリル酸ナトリウムを顆粒状にした物ではないかと推測しています。水の沸点(100度)までの耐性はあるという記事も見かけました。しかし、漂白剤への耐性がわからないので、安全策として冷水のままつけこんでみたところ……。

 臭いは完全に取れました! 除菌成功です! よかった!

 でも、これも完璧に乾燥させてから使う方が絶対、次の臭いが少なくなります。でもこの商品、「なかなか乾かない」のが売りです。完全に乾くまで一日以上かかるので、毎日使うには一つだけでは無理です。複数買って、使いまわすことをお勧めします。こう書くとメーカーの回し者のようですが、そうではありません。せっかく冷房を使わなずにひんやりできるので、みんなに快適に使ってほしいと思っているのです。

 そうそう、臭いを酸素系漂白剤で解消させるだけでなく、次に使うときにハッカ油をちょっとつけるとさらにさわやかですよ!

2011年08月04日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-10 00:00 | アルカリ剤・セスキなど

これで代用! シャンプー&生理用品

f0322969_18524588.jpg私のホームページに、エコで避難所生活を乗り切っています、という投稿がありました! シャンプーができなくても、セスキ炭酸ソーダで頭皮を拭いてスッキリしたそうです!

 と言っても、セスキが被災地ですぐに手に入るわけではありませんから、代わりの方法をご紹介します。重曹の仲間ですから、もしお手元に重曹があるなら代わりに使ってください。

 通常の使い方は、200mlのスプレーボトルに水を入れて、セスキ(または重曹)を小さじ半分ほどいれてよく溶かし、セスキ炭酸ソーダ(または重曹)水にします。これをタオルにシュッとスプレーし、汗をかいた肌を拭きます。もちろん、スプレーボトルも手に入らない状況なら、コップでもなんでもいいのです。水またはぬるま湯にセスキか重曹を溶かしたもので肌を拭く、これだけで、水拭きよりもきれいに汚れが落ちてスッキリさっぱりします。肌だけでなく、頭皮にもどうぞ。

 頭皮は皮脂の分泌が活発ですから、何日もシャンプーできないのはつらいですよね。皮脂は弱酸性なので、弱アルカリ性のセスキや重曹で中和すると汚れが落ちやすくなります。「髪の毛が傷む」と心配される方もいますが、髪全体をぬらすのではなく、頭皮を重点的に拭くようにすれば、髪へのダメージは軽減できます。心配なら、セスキ炭酸ソーダ(または重曹)水で拭いた後、真水で絞ったタオルで拭いてあげればOK。

 べたついた髪がスッキリすると気持ちも晴れますから、お湯が使えるようになったら、石けんで洗髪してみませんか? 以前も書きましたが、固形石けんで頭を洗うと洗面器4杯で洗えます。やり方は【こちら】←をクリック!

じっくりぬらし、じっくり泡立てるのがコツです。固形石けんを地肌にたっぷり塗りつけ、いつもの3倍くらいの泡を立てるつもりでモミモミします。そのあとお湯を足し、泡をゆるくしてからすすぐと、市販のシャンプー剤よりずっとすすぎがラクで、少ないお湯で洗えます。

★古布でOK「布ナプキン」

 それから、私のサイトの掲示板に書き込んでくださったかたは、生理用品が手に入らない今、布ナプキンに慣れていてよかった、とおっしゃっています。

 布ナプキンとは、文字通り、布製の生理用ナプキンのことです。可愛い模様のものなどが市販されていますが、古い布でも代用できます。古いシーツやタオルなどを適当な大きさに切り、市販のナプキンの大きさになるよう、折りたたんで使います。洗って何度も使うのが普通ですが、洗う水もままならないときは、使い捨てでもOK(捨てる際は、市販のナプキンと同様、紙にくるんで指定の容器に捨ててください)。実は使い古しのシーツなどの方が、柔らかくて吸水性も高く、まったく蒸れないので、使い心地がいいんですよ!

 避難所に限らず、ご自宅に戻ることができた方でも、被災地では物が足りなくて、大変なご苦労をなさっていることと思います。既製品が手に入らなくても、何らかの工夫をして乗り切れるよう、みんなでいろんなアイディアを出し合いましょう。

2011年03月24日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-07-23 00:00 | アルカリ剤・セスキなど

風呂釜ピカピカ、ほったらかし掃除法


前回からご紹介している酸素系漂白剤を使った浴槽での洗濯、友達が読んでやってみたそうです。なかなか便利だと好評でしたよ!

 そして、今回は風呂釜掃除も同時にやっちゃおう! というご提案です。

 風呂釜掃除用の洗剤はいろいろなメーカーから出ていますが、主成分に酸素系漂白剤を使っているところが多いのです。

 風呂釜は一つ穴方式と二つ穴方式がありますが、どちらも酸素系漂白剤を使います。

 一つ穴方式は、お湯がパイプの中を通るスピードが速く、水圧もかかるのであまり湯垢がたまらない、と言われています。が、それでも何か月かに1回はやってみるとスッキリすると思います。うちでは夏場はシャワーが多く掃除は年に1回程度なので、あまり汚れが出てこなくてちょっと拍子抜けですが。

★いすもついでにつけ置き

 さて、やり方は簡単です。まず一つ穴方式から。

 お湯を穴のちょっと上くらいまでためてください。残り湯で十分です。そこに酸素系漂白剤を200~300グラムほど入れてよくかき混ぜます。追い炊きをしてお湯を40~45度くらいまで沸かし、あとは一晩放置するだけ。翌日、お湯を抜いてから、穴に水道水を勢いよくかけて洗い流してください。これで終了です。

 この場合、酸素系漂白剤の濃度がかなり高いので、私はついでに夫のTシャツ(脇の下が黄ばんだもの)をつけ込んでいます。長時間浸け置くと生地が傷む可能性もある濃度なので、高いTシャツなら1~2時間程度にしておいた方がいいかもしれません。

夫のTシャツはかなり着古しているので惜しげなく一晩つけていますが、脇の下の黄ばみが薄くなりましたよ! 本気で真っ白にするには煮洗いが一番ですが、この方式だと大量にできるし、手間がかからないので、風呂釜掃除のときはいつもつけ置きしています。
f0322969_186465.jpg
 お風呂のいすや洗面器などを浸け置く人もいます。これもスッキリして気持ちがいいですよ。

 二つ穴方式の場合は、下の穴をタオルや雑巾などでふさぎ、上の穴に酸素系漂白剤を50~100グラムほど入れます。給湯器の温度設定が50度以上になるなら、50~60度くらいにして穴に注ぎ込みます。

ヤカンのお湯でもOK。あふれるともったいないので、なるべくあふれさせないでください。
1~2時間放置したら下の穴のタオルを取り、水道水を勢いよくかけて洗い流してください。上からも下からもやるといいでしょう。

 これで風呂がま掃除ができました! 簡単でしょう?

 一つ穴方式だと、ついでにいろいろつけ置きできて便利です。でも、金属性のもの(ファスナーやボタン)は避けてください。それから、浴槽が木製や大理石のものはアルカリに弱いのでこの方式はできません。でも、普通の浴槽なら酸素系漂白剤で掃除できますから、ぜひお試しください。

(2011年02月03日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-07-16 00:00 | アルカリ剤・セスキなど

激安手作りスプレーで虫よけ

 f0322969_19323793.jpg 虫よけスプレーが大活躍する季節です。いろんなタイプが市販されていますが、手作りしてみませんか? 用意するものは100ミリリットル程度の小さなスプレーボトルと、水、セスキ炭酸ソーダ、ハッカ油です。私はこれを「セスキミント」と名付けています。

 ハッカ油は薬局で売っています。セスキ炭酸ソーダ(以下、セスキと略します)は以前はインターネットでしか手に入らなかったのですが、最近は100円ショップやドラッグストアで売られていることもあります。商品名は「セスキ炭酸ソーダ物語」とか「アルカリウォッシュ」です。スプレーボトルも100円ショップで手に入ります。

 作り方はとても簡単。ボトルに水を入れ、セスキを小さじ4分の1(耳かき1杯程度で十分です)、ハッカ油をほんの少々混ぜるだけ。爪楊枝を1センチくらいハッカ油に浸して、それをセスキ入りのボトルにつけるだけでOKです。たくさん入れすぎるとスースーし過ぎるし、もったいないです。

 セスキ炭酸ソーダという物質は弱アルカリ性の無機塩類。重曹の仲間ですが、重曹よりもアルカリ性がやや高く、pH9.8というものです(ちなみに重曹のpHは8.2程度のごく弱いアルカリ性)。

★セスキミントで肌すっきり

 蚊というヤツは、人間の呼気に含まれる二酸化炭素に反応して寄ってきます。また、汗や皮脂汚れのにおいにも反応します。前にあるテレビ番組に出演したとき、どんな人が蚊に刺されやすいか実験しました。アクリルの箱に蚊をたくさんいれて、番組のADさんが右腕は汗まみれのまま、左腕はセスキミントで拭き、箱の中に両手を入れたら……。汗まみれの腕に蚊が寄ってきてたくさん刺されていました。仕事とはいえ、かわいそうに……。やはり蚊は汗のにおいに反応するんです。

 さて、汗や皮脂汚れは弱酸性の汚れです。これをセスキ炭酸ソーダを溶かした弱アルカリ性の水でふき取ると、中和されて汚れがきれいに取れるんです。水だけでふくよりもさっぱりときれいになります。そのうえ、虫の多くはハッカの香りが嫌いです。この二つの効果で防虫効果が出るんですね。

 私は夏になるとこのセスキミントのスプレーを持ち歩き、汗をかいたらシュッとかけてふき取っています。ハンカチにスプレーして拭いてもいいし、これがあると汗のべたべた感がきれいに消えてとてもさっぱりします。

 セスキミントはお子さんにも安心です。新生児にはちょっと心配だ、という方は重曹で作ってもOK。その際はハッカ油は刺激が強いので入れないほうがいいでしょう。でも、新生児はそもそも薮蚊がたくさんいるようなところには連れて行かないほうがいいですからね。

 重曹やセスキ炭酸ソーダは、入浴剤の主成分でもあり、水を弱アルカリ性にしてくれます。どちらも市販されているものは主に掃除洗濯用です。体用、として売るには申請にお金がかかるので、メーカーは体用としては販売しませんが、実は中身はほぼ同じです。体に使うものですから、くれぐれも自己責任でお願いしますね。

2009年07月16日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-04-28 00:00 | アルカリ剤・セスキなど


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧