カテゴリ:石けん・その他( 5 )

衣類のニオイ、煮洗いで撃退!

Tシャツの脇の下がクサい……。夫が自分のTシャツを手にとって途方に暮れていました。同じように洗濯しているのに、私の衣類は臭わず、夫のものはときどきニオイが出るのです。

 f0322969_1101777.jpgふふふ、こんなときは煮洗いです!

 煮洗いとは、読んで字のごとく、煮る洗濯方法です。以前にも布巾の煮洗い方法をご紹介しました。石けんと酸素さんそ系漂白剤を使ったやり方ですが、布巾を真っ白にするには煮洗い、最強です! 塩素系漂白剤だと繊維が傷んで、布巾がすぐにボロボロになってしまうのですが、酸素系漂白剤だと真っ白になるのに繊維の傷みは少なく、長持ちするんですよ。

 さて、この煮洗い、布巾だけでなくニオイの染み付いたTシャツにも有効です。

 普段、乾いているときにはにおわないのに、身につけてちょっと汗をかくと、脇の下あたりから嫌なニオイが立ち上ってくる……。これは繊維の奥に閉じ込められた雑菌臭なんです。衣類を着るとにおいが出ることから、多くの人が「これは自分がクサいんだ……」と思い込むようです。いいえ、あなたがクサいのではありません! あなたの身に付けている衣類から汚れが落ちきっていないだけなんです!

 この汚れをしっかり落とし、殺菌までしてくれるのが煮洗い。やり方は布巾のときと同じです。

★酸素系漂白剤だけでもOK

 ステンレスかホーローの鍋に水と石けんを入れてよく溶かし、そこへ衣類を入れてしばらく煮ます。温まってきた頃に酸素系漂白剤を入れて、さらに煮ます。長時間煮なくても大丈夫。沸騰するまでちゃんと見ていてください。沸騰したら火を止めて、あとは冷めるまで放置します。100度のお湯ですから、化繊のものには使えない技です。木綿のものなら大丈夫。

 水と石けん、酸素系漂白剤の量は、特に決まりはありませんが、石けんは水に溶かして手でかき混ぜたとき泡立てばOK。泡立たないくらい薄い石けん液では意味がありません。

 私は石けんを溶かして衣類をいれ、温まってきた頃に酸素系漂白剤を入れていますが、これも特に決まりはありません。最初から入れてもOK。

 また、石けんを使わず、酸素系漂白剤だけでやっても大丈夫。沸騰させず50度程度に抑えておけば、化繊の衣類もつけ込むことができます。石けんを入れない方が、すすぐときも楽なので、最近は私も酸素系漂白剤だけでつけ込むことが増えてきました。

 不思議なのは、私の衣類はにおわないのになぜ夫のものばかりにおうのか、ということです。ちょっと調べてみたのですが、男性はどうしても女性より皮脂の分泌が多く、衣類に付く汚れが女性より頑固なのだそうです。加えて夫は特に汗っかきですから、汗と皮脂の量が私よりケタ違いに多いというわけです。だから、同じ洗濯方法で私の汚れは落ちても夫の皮脂と汗が落ちきれない、だからニオイが出る、ということだそうです。

 Tシャツにニオイが出てきたら、煮洗いをためしてみてください。煮るのは大変だわ、という方は、バケツに熱湯を入れて酸素系漂白剤でつけ込むだけという、簡単な高温つけ込みという方法もありますよ。

2011年08月18日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-12 00:00 | 石けん・その他

粉石けん+お湯で食器ピカピカ

f0322969_19095.jpgうちでは食器洗いに洗濯用の粉石けんを使っています。粉石けんをお味噌などの空き容器に入れ、ぬるま湯で溶いたものを「とろとろ石けん」と名付けて台所に常備しています。これが洗浄力抜群! スポンジでよく泡立てて洗うと、ガスレンジも換気扇も一発できれいになってくれます。もちろん食器も洗っていて、グラスもお茶碗もピッカピカです! お湯ですすぐとどんなに頑固な油汚れもスッキリ落ちてくれるので、うちではいつもすすぎにお湯を使っていました。

 しかし、3月11日の地震の直後、私の住む地域は20時間停電しました。このとき、うちでは石油ストーブでお湯を沸かすことはできましたが、給湯器が使えませんでした。

 そこで、次のように食器を洗ってみました。ヤカンの熱湯を半分くらい洗い桶に入れ、水で薄めて手がつけられるくらいの温度にし、粉石けんを振り入れてよく溶かします。この石けん液に食器を浸けこんで洗いました。熱めの石けん液だったおかげで、油汚れが本当にスッキリきれいに落ちました! いつものとろとろ石けんよりも、もっともっと汚れ落ちが良くてびっくり。グラスなどピカピカツルツルで大満足。さらに、汚れがきれいに落ちただけでなく、すすぎが水でもOKだったのです! 

 ただし、冷たい水ですすいだ食器は、布巾で拭いてもスキッと乾いてくれません。食器を水切りカゴに入れ、ヤカンに残った熱湯をかけてから布巾で拭くと、食器はすぐにサッと乾きます。これは昔、どこの家でもやっていたことです。水きりカゴをまな板の上に置いて熱湯をかけると、まな板の消毒にもなって、一石二鳥。結局、ヤカン一杯のお湯だけで洗ってすすぐことができました。

★石けん液で台所掃除も

 さて、洗い桶にはまだ温かい石けん液が残っています。いつもなら食器を洗っただけで終わりにしてしまうズボラな私ですが、この石けん液でガスレンジ周りを磨いたり、排水口のゴミ受けやバスケットを洗ったりと、いつも以上にキチンと後片付けをしました。残った石けん液はまだまだ十分な洗浄力があるので、捨てるのがもったいなかったんです。

 この日以来、私は給湯器のお湯を使わず、ヤカン一杯のお湯だけで食器を洗っています。ストーブの上で沸いたお湯ですから、ガスを使ったわけじゃないし、すごく省エネしている気になります。熱い石けん液に浸けこんだ食器類はいつも以上にきれいになるし、洗い桶に残った石けん液で排水口の掃除もできるし、なんだかとっても気持ちがいいんです。

 最近は、食事後に毎回洗うのではなく、食事ごとに出た食器を石けん液に浸けこみ、夜まとめて洗うこともしています。もちろん夜までに石けん液は冷めてしまいますが、よーく溶かした石けん液ですから、洗浄力に問題はありません。長時間浸け込んだグラス類は、ほんとにピッカピカになるし、一度に洗ってすすぐ方が時短と節水にもなると思います。

 「洗濯用の粉石けんで食器を洗ってもいいのですか?」、とよく聞かれます。これは自己責任の範囲ではありますが、私は気にせず使っています。石けんは台所用も洗濯用も、中身は同じ脂肪酸ナトリウム(液体の場合は脂肪酸カリウム)で、同じものだからです。台所用石けんの香料は食品添加物レベルですが、洗濯用は違います。気になる人は無香料を選べば問題ありません。

 ※合成洗剤の場合は、台所用と洗濯用では成分が違いますので、洗濯用合成洗剤で食器を洗うことはおやめください。

2011年04月07日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-07-25 00:00 | 石けん・その他

一晩でツヤツヤ “おいしい”かかとケア

f0322969_18251774.jpgこの冬は、寒さも厳しかったけれど、乾燥もすごかったですね。肌がカサカサ粉をふいている姪(まだ20代なのに!)を見て、乾燥度合のひどさを実感しました。

 特にかかとのがさがさ具合には驚きです。若いのに角質が白くなっている姪に、思わず叔母として口出しせずにはいられませんでしたよ。

 そこで数年前にもテレビでも紹介したかかとのお手入れ方法を説明します。ものすごく効き目があるので、ぜひみなさんやってみてください。この方法で、うちの近所のオジサン、オバサン、高校生……老若男女みんな、かかとがスベッスベになったんですよ!

 やり方は簡単。まず、お風呂に入ってかかとをきれいに洗います。お湯にゆっくり入ってかかとを柔らかくしておきましょう。

 湯上りで多少なりとも柔らかくなったかかとへ、ハチミツをつけます。「ええっ、ハチミツを?」と驚かないでください。ハチミツの保湿成分が肌をしっとり柔らかくしてくれるのですから。量は小さじ1杯くらいでしょうか。たくさんつけすぎるとベタつきますから。

 そのあと、今度は手のひらにオリーブオイルを取り、かかとに塗ります。「えええ~~~っ! ハチミツのあとにオリーブオイルを!?」と、驚くことでしょう。「ベタベタしないの!?」という疑問もわくことでしょう。でも、大丈夫なんです!

 私が初めてこの方法をやってみたとき、自分でも驚きました。ハチミツを塗ったときはちょっとベタつきました。しかし、オリーブオイルを塗ると、なぜかサラサラになったんです! 

 とはいえ、そのまま布団に入るとシーツや毛布にオイルが付きそうですから、私はいつもすぐ靴下をはきます。一晩はいて寝ると、翌朝はツヤツヤしっとりです。

★「男のかかと」も一晩で…

 なぜハチミツやオリーブオイルをかかとにつけようと思ったのか。美容知識の豊富な友達に美肌を保つコツを聞くと、たいてい「化粧水などで潤いを与え、そのあとクリームやオイルなどの油分で潤いが乾かないようにカバーする」という方法を教えてくれます。私もそれを応用して、乾いたかかとをハチミツ保湿をし、それが乾かないようオイルをつけたわけです。

 この「保湿+オイルカバー」の方法で、私のかかとは50代とは思えないくらいツヤツヤしっとりです。近所の60代のご夫婦に教えてあげたら、二人ともやってみて、特にご主人のガサガサ&カッチカチだったかかとが一晩でスベスベになったと驚いていました。男性はかかとが固くなるのは仕方がないこと、と諦めていたようですが、「やればオレのも柔らかくなるんだなあ」とシミジミ言っていました。

 オイルは他のものでも大丈夫。手近にあるものでOKです。ハチミツも安いものでOK。糖分は保湿性がありますから、他のシロップでも似たような効果がありますが、値段的には「安いハチミツ」が一番いいかと思います。ただし、1歳未満の赤ちゃんはボツリヌス菌の耐性がないので、乳児には使わないでくださいね。

 ハチミツとオイルで、ぜひスベスベかかとになってください! 高いフットケア商品を使わなくても大丈夫です!

2011年02月24日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-07-19 18:21 | 石けん・その他

傷めず真っ白、布巾の煮洗い

f0322969_22324729.jpg 台所の排水口が汚れてきたので、布巾(ふきん)の煮洗いをすることにしました。えっ、排水口の掃除じゃなくて、布巾?と不思議に思うことでしょう。実は、煮洗いには2つの効果があるんです!
 煮洗いとは、文字通り煮て洗うこと。これをやると布巾やしみのついた衣類などが本当にきれいになります。そして、煮終わったあとの液を排水口に流すと、パイプが真っ白になってくれるんです! まさに一石二鳥!

 煮洗いのやり方は簡単。手順はいろいろあるのですが、私の場合は以下のようにしています。
  1.ステンレスかホウロウの鍋に水を入れ、粉石けんを溶かす
  2.鍋を火にかけ、ぬるくなってきたら布巾を入れて静かにかき回す
  3.酸素系漂白剤をぱらぱらと振りかける
  4.泡立ってきたら火を止め、冷めるまで放置する
  5.冷めたら、すすいで干す

 これだけです。簡単でしょ? 分量は、水6リットルに粉石けん大さじ1、酸素系漂白剤大さじ1~2です。分量はほとんど目分量で、そんなにきっちり測らなくて大丈夫。

 酸素系漂白剤は50度くらいで最も効果を発揮します。通常、煮洗いはぐつぐつ煮るので100度まで上がります。そこまで高温にするとせっかくの酸素系漂白剤の効果が薄れるので、長時間は煮ないほうがいいようです。50度程度まで温めて、あとは放置するという人もいます。私は、泡がブワ~~~ッとわいてきて繊維の間を通るときに汚れも一緒に掻き出しているような、そんなイメージを持っていて、ブクブク泡立つくらい煮たほうがシミの落ち方がいいような気がしています。これは好きずきかもしれません。

★漂白剤は酵素系の粉末タイプを!

 以前、バナナのシミを煮洗いで落とす実験をしたことがあります。私のブログにも書いて発表したのですが、その日のブログは今もアクセス数が高く、バナナのシミに困っている人や煮洗いに興味を持っている人の多さがわかります。そのときの記事はこちら。

 塩素系漂白剤を使うと、シミそのものはすぐ薄くなるのですが、布地がすごく傷みます。布巾や台拭きが破れやすくなって、すぐにぼろぼろになります。その点、酸素系漂白剤は布地をいためにくいので長時間浸けこみしておけます。こうすると、シミだけでなく布地全体が真っ白になりますから、これがまた気持ちがいいんですよ。

 煮洗いしたあとの液を排水口に流し、そのあと布巾をすすぐと、せっかく排水パイプについている液まで流れてしまいます。液を流したらそのあとは水を流さず一晩くらい放置すると効果的に真っ白になります。そのためには、まず布巾を液から取り出してすすぎ、その後に液を流すなど、工夫してください。

 煮洗いには石けんと粉末の酸素系漂白剤を使います。酸素系漂白剤は出来れば香料や他の余分な成分の入っていないものがベストです。お店で成分を見て購入してください。

 液体の酸素系漂白剤もあり、こちらのほうが売り場に多く置いてあるのですが、液体と粉末では液性が違います。必ず粉末の酸素系漂白剤を買ってくださいね。

2010年09月30日

[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-06-29 00:32 | 石けん・その他

液体石けんで庭木の虫退治はバッチリ!

f0322969_14564994.jpg
5月は一年で一番好きな季節です。さわやかな気候と、庭のバラがどんどん咲き始めるので、一日中いい香りが漂うし。

 と、ロマンチックな書き出しですが、実はこれが曲者。毛虫も発生する時期です。ズボラな私としては、今、家にあるもので防虫、殺菌が出来ないものかと調べてみました。何かを買いに出かけるのが面倒なんです。

 さて、ネットで調べてみると、オレイン酸ナトリウムが主成分の植物の害虫駆除剤が見つかりました。オレイン酸ナトリウムって、石けんですよ、石けん! 商品の説明にも「オレイン酸ナトリウムは洗顔石けんの成分としても使用されている成分です」と書いてあります。対象作物にはバラ、菊、イチゴ、梨とあります。

 また、炭酸水素カリウムが主成分の薬剤もあり、効果のある病気は、ウドンコ病、さび病などです。この炭酸水素カリウムは、重曹とよく似た物質です。対象作物はトマト、キュウリ、観葉植物などです。

 石けんがなぜ害虫駆除に効くのかというと、毒性で虫を殺すわけではなく、石けん液の粘性で昆虫の気門を塞(ふさ)いで窒息死させるから。また重曹が病気に効くのは、中性から弱酸性の領域で菌がよく育つので、それを弱アルカリ性の重曹水で洗い流すことによってカビを抑えることができるとのこと。

★水で薄めて葉の裏側もしっかりスプレーを

 ちゃんとした企業のちゃんとした殺虫剤を買うのも一つの手ですが、今すぐ目の前の虫を何とかしたかった私は、自宅にある液体石けんを薄めて庭のバラにスプレーしてみました。結果はバッチリ! 数日間、繰り返しスプレーしていたら、列を成してうじゃうじゃいたアブラムシを見かけなくなりました!

 石けん水の場合、植物の表面を流れて、中に浸透しないので、葉の表側だけでなく、裏側にもしっかりスプレーすることが重要です。そのためには、イラストのようなスプレーボトルがあると便利。普通のものより、ちょっと高めですが掃除のときにも重宝するし、一つあるといいですよ。濃度は、市販の台所用液体石けんを50~80倍程度に薄めます。液体石けん大さじ3分の1に水500ml、というところかな。

 重曹水の場合は、水500mlに小さじ半分以下の濃度にしました。市販の薬剤は炭酸水素カリウムですが、重曹の場合は炭酸水素ナトリウム。ナトリウムの場合は濃度が高いと塩害も出るので、薄めが基本。特に植木鉢だと土が少ないので、頻繁にやらないほうが無難です。重曹は、500~800倍で使ってみてください。

 これはあくまでも自己責任ですが、液体石けんや重曹を使って防虫、害虫駆除はできる、ということですね!

 液体石けんは、生協などで売っている「石けん」と表示してあるもので、無香料を選んでください。安全なのに効果は確実です。毒性の高いものだと、害虫がその毒に対して耐性を持ってきますが、石けんの場合は「毒性」ではなく、気門を塞ぐという物理的な力で殺すのですから、抵抗性の持ちようがありません。これはいいですね!

2009年05月14日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-04-19 00:00 | 石けん・その他


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧