ため水&窓拭きグッズでカビ予防

f0322969_10361779.jpg夏はシャワーだけで済ませる人も多いと思います。シャワーってお湯が出るまでに時間がかかり、どうしても最初は冷たい水が出ますね。うちではそれをバケツにためています。そして、このため水をカビ取りに使っているんです。

 「えっ、水だけでカビ取り? できるわけないでしょ! 専用の薬剤を使わないとムリムリ!」なんて思わないでください。冷たい水をかけるだけでカビは生えにくくなるんですから。やり方はいたって簡単。お風呂が終わったら、その冷たい水を壁や床にかけるだけ。なんと、これだけで浴室のカビの発生が激減するんですよ!

 カビは「水分・栄養・温度」の三要素があればぐんぐん繁殖します。シャワーや浴槽のお湯はだいたい37~40度で、カビの発生に最も適した温度です。シャワーの最初に出る水は冷蔵庫や冷凍庫ほど冷たいわけではありませんが、カビ繁殖に最も適した温度よりはるかに低いのです。これで、三要素の中の「温度」が一つ消えました。

 それから、水をかけるだけでも、壁と床に付いた石けんや汚れが流れていきますから、「栄養」もこれで消えました。

 三要素のうち二つが消え、これでカビも繁殖しにくくなるというわけです。実際、浴室に窓のないマンション住まいの友だちが、この方法をとるようになってからカビが激減したと喜んでいました。

 でも、これだけでは「繁殖しにくくなる」「減った」というだけで、カビがまったく生えなくなる、というわけではありません。

★毎日「ちょこっと」掃除

 三要素の最後の一つ「水分」を消し去ろうではありませんか! 水分を消すということは、要するに乾燥させるということです。うちでは乾燥させるために、窓を開けたり、換気扇を回したりしています。でも、すべてのお宅でこれが出来るわけではありませんよね。窓がないとか、防犯上開けられないとか。

 そんな場合には、窓拭き用スクイジー(ゴムの付いたT字型の掃除用具)をおすすめします。うちの浴室にも一本置いてありますが、お風呂から上がるとき、このスクイジーで壁と床をぬぐって水滴を落としておきます。すると2~3時間で床までカラカラに乾いてくれるんです。しかもゴムベラと同じで、多少の汚れもこすり落としてくれます。おかげでうちはお風呂場の大掃除をしたことがありません。毎日ちょこっとぬぐっていると汚れが蓄積しないんです。

 それから、カビとなると専用のカビ取り剤の使用の是非がよく話題になります。エコの人の中には「あまり使いたくない」「いや絶対使うな」という人もいます。確かに強い薬品が使われているので、手が荒れたり(浴室の壁や排水パイプの表面も荒れます)、頭が痛くなったりします。毎日使うモノではないと思います。でも、あまりにもたくさん繁殖したカビをいったん徹底的に落すためには使ってもいいじゃないか、と私は考えています。一度、徹底的に落とし、あとはこの「水分、栄養、温度」を絶つ方式をとれば、専用薬剤を使うのは数年に一度くらいの頻度でOKです。うちは15年ほど前に買ったカビ取り剤がまだあります。効果があるのかないのか、ちょっとわかりませんが、それでもうちのお風呂はカビがほとんどないので「ま、いっか!」なんて思っています。

2011年07月21日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-08 10:30 | エコ全般


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧