雨戸で朝まで涼しさキープ

 f0322969_10125495.jpg先日来、冷房を使わずに過ごすための工夫をあれこれ書いてきました。今年は猛暑なのに、去年より冷房を使う時間が激減していて、自分で自分を褒めてあげたい気分です。

 しかし、さすがの私も昨日は冷房を使ってしまいました……。気温も高かったのですが、仕事場にアシスタントさんが来て人数が増えたこともあり、パソコン4台とモニター8台からの熱が室温と湿度をぐんぐん上げて、使わざるを得ない状況になったのです。特に湿度が高くなると、漫画の原稿が描けなくなるんです(紙にインクが乗らない、にじみが出る、などの理由から)。

 と、やっぱり今年は冷房を使うのに言い訳が多くなりますね。いつもの年より後ろめたく感じていて、冷房を使うのなら徹頭徹尾、無駄なく使おう! という気持ちになります。

 今までも細かな工夫をあれこれしていましたが、加えて今年は昼間から雨戸を閉じて仕事をしました。これが大きな効果だったんですよ! 真昼なのに、雨戸を閉めたとたん、1分くらいで室温がストンと1度下がったんです!

 「雨戸を閉めると暗くなるので照明のために電気を使うじゃないか、本末転倒だろう」と思うかもしれませんが、仕事場の照明はすべてLEDにしてあるのでそれほど電気代はかかりません。

★冷房切ってもずっとヒンヤリ

 前にも、冷房を使うときに雨戸を閉めると効率アップ、という記事を書いています。でもそれは夫の仕事机の横の窓のことでした。今回は1階の雨戸をすべて閉めたのです。当然リビングは暗くなります。365日、こんなに暗いリビングでは気が滅入りますが、夏の数日だけ暗くしておいて冷房の効率を上げる方が仕事もはかどるし、私としてはこの雨戸作戦、気に入っています。

 夜寝るときも、1階のリビングに布団を敷いて寝ることにしました。2階の寝室はとんでもなく暑くて、1階のリビングがいい感じに冷えているのに、わざわざ寝室の冷房をつけるなんてもったいないですからね。

 それに、夜に冷房を止めても、雨戸を閉めていれば冷えた室温を朝までキープできます。朝、外気温の方が高くなっても室内はまだほんのり涼しいのです。もちろん、外気温がずっと高くなってしまえば室温も上がりますが、雨戸で断熱してあるので、室温の上がり方はゆっくりです。さらにうちの場合、断熱効果を高めるために窓にプラスチック段ボールも立てかけてあります。雨戸とプラダンのダブル効果で、室温がキープできているのではないかと思います。

 雨戸のない家が最近多いようですが、もったいないと思います。もしお宅に雨戸がついていれば、夜だけでなく昼間の冷房用に使ってみてはいかがでしょうか? 暗くなるけど、夏の一時期だけですから。

2011年07月07日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-06 00:00 | 断熱


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧