扇風機4台とエアコン1台、どちらが節電?

f0322969_1010055.jpg昨夜は暑い暑い夜でした。いつもなら冷房をガンガンにつける夫が我慢しています。その代わり、扇風機を4台つけました。1台目は北側の仕事場の窓から涼しい風を入れ、私に1台、夫に1台でそれぞれに微風をあて、4台目は南側のリビングの窓から外に向けて熱気を出す、という使い方で、仕事場とリビングの両方がとても快適に過ごせたのです。

 これをツイッターで発言したところ、「扇風機4台は、エアコン1台より節電になるの?」という質問が相次ぎました。うむ、いい質問ですね!

 まず、うちの扇風機の表示を見てみると、25W、54W、40W、35Wと書いてありました。18年前に設置したエアコン(8畳用)には3.2kWという表示が。これだけ見れば、扇風機4台使っても134W、エアコンは3200Wなので、「扇風機の方が断然省エネ!」と思ってしまいそうですが、コトはそう単純ではありません。エアコンに表示してある3.2kWというのは「定格能力」というもので、消費電力とは違うものです。

 消費電力の比較をしようにもうちのエアコンは古くて取扱説明書もどこかに行ってしまっているので、最新のパンフレットを量販店でもらってきました。8畳用のエアコンの場合、定格能力は2.5kW、その下に0.2~3.5という数字があります。消費電力は540W、その下に45~850という数字。これの意味は、定格能力のうち、最小能力が0.2で、その時の消費電力が45W、最大能力が3.5で、その時の消費電力が850Wという意味だそうです。

 さあ、これをどう考えるか、です。扇風機4台は、どんなに暑くても湿度が高くても最大消費電力は134Wです。エアコンは45Wになるときもあるけれど、850Wになるときもあるわけです。スイッチを入れた直後は室温と設定温度との差が大きいのでフル稼働し、850W使うけれど、時間が経って設定温度との差が縮まると、消費電力は45Wになるというわけです。でも、いったん設定温度と室温が同じになったとしても、外気温は高いわけですから、ずっと45W のままではありません。外の熱が入ってくるし、それを下げるためにはまた消費電力は上がっていきます。消費電力の平均値を出そうにも、外気温や湿度、家の構造によって変ってくるので、なかなか平均値は出せないですね。

 でも、扇風機はそういう条件に左右されず、うちでは4台使った最高値が134Wです。さらに、エアコンは扇風機やサーキュレーターで空気を攪拌すると節電になると言われていますから、うちではエアコンに扇風機を足して使っています。そういうことを加味すると、うちの場合は、エアコン1台+扇風機よりも、扇風機4台の方が節電になっているのではないかと考えています。18年前の製品ですしね。

★北窓からの涼風に気づいて…

 これは皆さんにエアコンをやめろ、扇風機にしろ、と言っているわけではなく、あくまでもうちの場合です。特に、夜の電力は足りているのだから、無理してエアコンを止める必要はありません。熱中症対策としても、上手にエアコンを使った方がいいのです。

 ただ、うちの場合はたまたま北側に窓があり、外は空き地で草や木が生えています。ここが涼しいんですね。今まで、この恵まれた環境に気づかず、エアコンで涼をとることばかり考えていました。そんな生活を見直すと、意外にも楽しく節電できてしまった、というわけなのです。生活の見直し、これからもいろんな面でやっていこうと思います。

2011年06月30日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-05 10:08 | 省エネ


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧