冷房なしで涼しく過ごす工夫

f0322969_1021412.jpg東日本大震災以後、私の家では節電意識が高まりました。「電気は本当は足りている」「いや足りないから節電しなければならない」などなど、いろんな意見がネット上に渦巻いていますが、節電して悪いことは一つもありません。死ぬほどつらい思いをしてまで節電することはありませんが、ちょっとした我慢ならした方がいいと私は思っています。余っていようがいまいが、節電したらその分、家計が助かるわけだし、浮いたお金で東北地方の物産を買うのもいいですよね!

 さて、今後の課題は冷房です。今まで、暖房と照明に関してはかなり節電ができていると思いますが、私の家で一番節電できていないのが冷房なのです。なぜなら、うちには北海道出身で暑さと湿度に極端に弱い夫がいるからです。夫は、気温が22~23度でも湿度が60%を超えるともう汗びっしょりになり、Tシャツがびしょぬれになるのです。下手をすると5月の後半から冷房をつけるという反エコ体質でした。

 しかし、今年はさすがの夫も反省したらしく、いつもなら絶対に冷房をつけたであろう、湿度90%の日でも我慢をしています。どうやって我慢しているかというと、まずは扇風機の多用です。

 一つは仕事机の横において風を直接自分に当てています。もう一つは仕事部屋の天井につけた扇風機で、これは窓からの風を室内に呼び込むためのものです。仕事部屋はパソコンが3台フル稼働すると熱を持って暑くなるので、もちろん窓とドアを開け放して熱気を排出しています。

★首に巻くひんやりグッズ

 また、首に巻いて使うひんやりグッズもいくつか買いました。気化熱を利用したひんやりグッズが今年は充実していて、去年買った「ぬらすだけで冷たくなるタオル」とあわせて使っています。

 今年買ったのは特殊高分子ポリマーが入った細いベルト状のもので、ぬらすとポリマーが水をたっぷり含んでふくらみます。水分がゆっくり蒸発し、そのときに周りの熱を奪うので、ひんやりする時間が長く続くというわけです。実際に使ってみると、優に7~8時間はひんやりしています。扇風機の風が当るとさらに冷たくなるし、しかもカラカラに乾くまではひんやり感が持続するのですから、これは本当に冷房要らずになりそうです!

 また、保冷剤を冷凍して首に巻くグッズも買いましたが、つけた直後はすごく冷たいのに3~4時間も経つとほんのり暖かくなってくるのがちょっと気になりました。

 今年、東京では6月半ばで夏日(最高気温25度以上)が18日ありました。5月22日は29.6度、真夏日寸前でした。こういう日は普段なら絶対に冷房をつけている夫ですが、今年は頑張っています。この調子で7~8月も扇風機やひんやりグッズを活用して、できるだけ冷房を使わずに過ごすつもりです。あっ、でも、お年寄りの方などは無理なさらずに、熱中症の方が怖いですから、適度に冷房を使ってくださいね。うちはとにかく今まで使いすぎだったので、せめて人並みにしたいのです。

 うちが「人並み」になれる工夫を、人並みのご家庭が実践したらさらに冷房を減らせると思います。どんな工夫ができるか、これからがんばってみますので、ご期待ください!

(2011年06月16日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-08-03 00:00 | 省エネ


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧