お風呂グッズでファンヒーターいらず

f0322969_1856753.jpgこれから先、ますます節電が必要になってきます。ここでもいろいろなアイディアを実践し、お伝えしようと思います。

 冬の間、我が家で一番電気を食っていたのは、足元のファンヒーターではないかと思います。超冷え性の私は、仕事机の下に小さなファンヒーターを置いて、長時間使っていました。私の言う「長時間」は、断続的ではあるものの、一日8時間以上です。仕事中は一日15~20時間は机に向かいますから……。

 ヒーターを使うたび、小さいからそんなに電気を使ってないはずだ、脚を冷やすと身体に悪いし、仕事の効率も落ちるし……などと言い訳していました。でも、ヒーターや電熱器は、実はエアコンよりも電気を食うのだそうです! 「エアコンにすればいい、湯たんぽを使えばいい」と思いつつ、膝から下の頑固な冷えに負け、どうしてもファンヒーターに頼ってしまう毎日。

 しかし、3月11日の東日本巨大地震以来、足元のファンヒーターを使っていません。今まで何度も使わないようにしようと、いろいろなチャレンジをしてきたのにダメだったこの私が、ファンヒーターを撤去できたのです! 

 救世主はお風呂グッズでした。お風呂の床に敷く発泡スチロールのマットを椅子に設置しただけで、暖かくてビックリ! お風呂マットは長さが100センチほどあるので、座面から床まで垂らしました。こうするち、膝下のふくらはぎ側が発泡スチロールに触れます。これが暖かさを生むのです!

 ひざ掛けをかけただけでは脚の裏側(ふくらはぎ側)が寒いですよね。下半身を毛布などでぐるぐる巻きにしてもなんとなく冷える、という方、ぜひお風呂マットを使ってみてください。発泡スチロールの箱に触れたときにほんのり感じるのと同じ暖かさをふくらはぎに感じます。

★ウレタンシートで挟み撃ち!

 これだけでも大きな進歩でしたが、次に、湯たんぽをもっと効率よく使えるよう工夫してみました。これもまたお風呂グッズ、「お風呂保温シート」が大活躍です!

 お湯を冷まさないために、浴槽に浮かべて使う保温シートです。ウレタンのシートにアルミを貼ってあり、保温力バツグン。これを膝掛け毛布の上に乗せてみたのです。そうしたら、まあ、これもまた、驚くほど暖かくなりましたよ! 

 これまでは湯たんぽを使っても足の裏だけが熱くて、膝やスネやふくらはぎは冷たいままでした。でも、この二つのお風呂グッズのおかげで脚全体がポカポカになり、ついにファンヒーター撤去という快挙を成し遂げるまでになったのです!

 夫の方はというと、仕事中は寝袋を使っています。いえ、寝てるんじゃないですよ。腰から下を寝袋にいれ、机に向って仕事しています。中には湯たんぽをいれ、そのぬくもりを求めて猫も1匹入っています。猫と湯たんぽでホカホカだそうです。

 お風呂グッズはお風呂で使うモノ、寝袋は寝るとき使うモノ、という固定観念を捨ててください。生活に合わせていろんな工夫をしましょうね!

2011年03月31日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-07-24 00:00 | エコ全般


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧