ズボラ流ハタキで簡単掃除

f0322969_20120293.jpg
 明けましておめでとうございます。今年もニコニコエコをやりましょう!

 ハタキってすごい!!ズボラな私は年末に大掃除ってしたことがありません。でも年末年始にお客様が泊まりがけで来ることもあるので、仕方なく掃除をしています。この「仕方なくやる掃除」に大活躍してくれるのがハタキなんです。

 私の普段の掃除は本当にズボラで、床に掃除機をかけるだけ。これだとどうしても隅々にホコリがたまります。これをハタキでたたき出して掃除機をかけると、家中がすっきりします。

 ハタキはホコリを舞い散らせる、咳き込んでしまう、そんなのイヤだ、と思っていませんか? 1年くらい放置した、分厚く堆積したホコリだと大変ですが、1週間以内のホコリなら、咳き込むほど舞うこともありません。私はズボラですから2~3週間から1か月ほど放置することもありますが、それでもハタキをかけて咳き込むほどのひどい状況になることはあまりありません。

 ハタキをかけるだけで、棚に飾っている猫の置物にもホコリが積もらず、何年もきれいなままです。家を建ててから16年経ちますが、この棚は、雑巾で拭いたことなど1度か2度くらいしかないはずです。それでもきれいなんですよ!

★手にハタキ、背中に掃除機

 簡単掃除しかしていない私ですが、年末年始のお客様が増える時期には、さすがの私もいろんなところを見渡します。

 お客様が来る、と思うと気になるのが天井近くの蜘蛛の巣。……え。蜘蛛の巣が張るほど掃除していないのか、ですって? は、はい……。床と棚の掃除はたまにやっても、天井近くはなかなかやらず、気がついたらうっすら蜘蛛の巣が張っていることがよくあります。それもハタキでたたき落とし、掃除機で吸い取ればきれいになります。あ、うちでは掃除機を背負うリュック式にしているので、掃除機が上のほうまで簡単に届きます。だったら毎回天井近くも掃除しろよ、って言われそうですが、すみません、根っからのズボラなのでたまにしかしないんです(このリュック式掃除機の作り方は次回、紹介します)。

 それから机の下や箪笥の裏、テレビの裏のホコリは、ハタキをかけて掃除機をかければすぐにきれいになります。本来は小箒のほうがよさそうですが、掃除のスタイルはイラストのように手にハタキ、背中に掃除機という形なので、机の奥などの床面のホコリを吐き出すのもハタキでササッとやっています。そういう小技が利くのは、布製ではなく羽根ハタキだからかもしれません。細長い布のハタキだと、ホコリをはたくにはいいけれど、床面のホコリをちょっと掃き出すのには向いていないかも。

 こんな風に、ハタキを使いながら掃除機をかけるだけの掃除ですが、これだけでも目立つところのホコリはなくなるし、面倒臭くないし、とても便利だと思います。

 うちでは各部屋に専用ハタキが吊るしてあります。トイレにすら専用ハタキを置いていて、トイレ窓の網戸にも気が向いたらハタキをかけています。こうしておくと網戸は2~3年以上きれいなままです。ハタキを上手に使えば、掃除の手間が省け、時短にもなりますよ!

2010年01月07日

[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-05-22 00:11 | 掃除関連


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧