ゆるく自然体で「エコ」を実践

f0322969_19453466.jpg
 10月は3R(*)推進月間です。10月には全国でエコ関連の講演などがよくあるのですが、千葉県でも面白いイベントがありました。10月17日、千葉ポートアリーナに、「ふろしき研究会」代表の森田知都子さん、環境カウンセラーの崎田裕子さん、モデルで俳優の城戸廉さんのトークショーがあったのです。森田さんも崎田さんも、私のエコの師匠です。さっそくお話を聞きに行ってきました。

 城戸廉さんは、環境問題を鋭く突いた映画『夢の島』に出演したことから、このトークショーに出演することになりました。お話を聞くと、彼は子どものころからレジ袋はもらわない生活をしているそうです。すごい筋金入り! と思ったら、そういうバリバリのエコロジストというわけではなくて、単に昔からそういう習慣が無かっただけなんだそうです。お母様の祖国フランスに帰ると、向こうでは誰ももらってないから、もらうという習慣が身につかなかったんですって。おお、なんだかそういうのってゆるくていいですね! 

 そして、モデル仲間や俳優仲間の若い人たちの間でも、レジ袋をもらわない人がどんどん増えているという話でした。若い人の間で、環境に配慮することが特別のことではない、普通のことになってきているなあと実感しました。
 
★楽しくてためになる3Rを推進!

 そして、お隣に座っていた森田さん。彼女のこの日の衣装は、鮮やかな色のスカーフをまとい、ステキだなあと思っていたら、なんとそれは風呂敷でした! 風呂敷も今はいろんな柄や素材があって、和風のものだけではないんですね。そのスカーフ、いや風呂敷で荷物を包み、城戸廉さんに持ってもらうと、かっこよく壇上をモデル歩きしてくれましたよ。

 8月6日掲載の「風呂敷が肩掛けバッグに変身!」で、風呂敷の利用法をご紹介しましたが、実は今、ファッション業界でも風呂敷はトレンドだそうです。そういえば若いモデルの女の子たちが可愛い模様の風呂敷を持って歩いているのを雑誌でも見かけました。和風の模様なら当然、浴衣にも合うし、最近のポップな模様は洋服にも合います。イラストのように結ぶと、物がたくさん入るし、とても便利です。旅行でもスーツケースの中を整理するのに風呂敷が便利。衣類、下着類、洗面道具類など、分けて包むことが出来ます。モデルの方たちは旅が多いので重宝しているそうです。

 というわけで、森田知都子さんのアイディアをご紹介しましたが、崎田さんのアイディアもまたすごいものがありました。それは次回のお楽しみです。

 3R推進月間って、なかなか知られていなかったけれど、多くの人が知って、こういうイベントにどんどん行ってもらいたいですね。楽しくて、ためになって、お得なネタがたくさんありますから。

 

 *Reduce(リデュース:減らす)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再資源化)の頭文字を取ったもので、循環型社会を構築していくためのキーワード。

2009年10月29日

[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-05-13 00:44 | エコ全般


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧