スイカをカレーに。エコというよりおいしい料理

f0322969_15474934.jpg さて、今回はスイカの皮の利用法です。実はスイカの皮はおいしい食材なんですよ。
皮を漬物にするというのはよく聞きますよね。でも、あまり大量には食べられません。漬物だとメインディッシュにはなりにくいですからね。

 うちではスイカの皮をカレーに使ったり煮物にしたりしています。
これがもう、おいしくておいしくて、今まで捨ていていたのがもったいない!と思うくらいです。これはエコクッキングというより、おいしい食材のおいしい料理法、つまり普通の料理です。

さて、作り方は簡単。
一番外側の緑色の硬い部分だけは薄くむいて捨てますが、白い水気たっぷりの部分を適当に切って煮物にしているのです。椎茸、油揚げと一緒に、だし汁、しょうゆ、砂糖で煮て味をつけます。これがもう、ものすごく美味!! 最初、「これって冬瓜みたいに使えないかな」と思ってはじめたのですが、そう、本当に食感は冬瓜のようで、誰に出しても「うまい!」「美味しい!」と大好評です。うちでは夏の定番料理になりました。

 また、スイカの皮をミキサーで細かく砕いて、それをカレーに入れることもあります。これもまた数年前からうちの定番メニューで、テレビの取材のときに出したら、皆さんおかわりをして食べてくれました。スタッフの方たちが全員、本気でおかわりしてくれるくらいだから、その美味しさ推して知るべし、です!

★皮は料理、赤い実はシャーベット

 あまりにも皮が美味しいので、うちでは実の人気が急落してしまいました。夫が「赤い実のほうはいらん、皮が食べたいんだ!」とわがままを言うくらいです。それで、赤い実のほうは、砕いて種を取り除き、冷凍庫で凍らせてシャーベットに。これで冬まで保存できて、一年中スイカが食べられます。

 最近、私の周りでは、「スイカを買ってくると食べきれないからあまり買わなくなったわ」という人や「皮がゴミになって重くて大変だから買わない」という人もいます。そんな人たちに「皮は料理に、実は余ったらシャーベットに!」と教えてあげたい!! 

 スイカの皮を「廃物利用」しているなんて思わないでください。これは新しい食材なんです。捨てるなんてもったいない。何度も言いますが、うちでは美味しいから使っているだけで、エコのことを考えているわけではありません。

 夏はどの自治体でもゴミの総量が増えて、その理由がスイカの皮だ、と聞いたことがあります。ああもったいない。ゴミとして捨てるなんて…。まあ私もこの料理法を思いつく前までは捨てていましたけどね。もったいないことをしました。今年の夏は、ぜひスイカの皮を食べてみてください。繊維質たっぷり、それに夏野菜は体の熱をとってくれる効果もありますからね、美味しくて健康にもいいんですよ。

そのうえで、ゴミも減るという、一石三鳥のすばらしい食材です!

2009年06月18日
[PR]
by akaboshi-ryuu-ego | 2014-04-24 00:45 | エコクッキング


漫画家・エコロジストの赤星たみこが贈るラクチンエコ


by akaboshi-ryuu-ego

プロフィールを見る
画像一覧

検索

画像一覧